マスケット銃

火器のロストテクノロジー。
一介の傭兵であり考古学者でもあるラルスが遺跡から発掘する。
ラルスは銃に魅せられると、銃を主力した部隊を編成し旗上げする事を決意したという。
後に志を共にするクルックスに解析させると製造に成功し、ロストテクノロジーだったマスケット銃は復活を遂げた。
マスケット銃は最も古い銃の一つであり、後に作られる銃に比べると命中率こそ低いものの、弾は被覆されていない鉛弾であり威力は高かった。
命中すれば体内に留まりやすく、鉛そのものが毒であり、壊疽などを引き起こす致死率の高い武器であった。


  • 最終更新:2015-04-28 08:21:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード